ご提案内容

本ページでは、エレファンテックの特長を活かしたご提案の一例をご紹介します。ご覧の上、自社製品の開発にご検討いただけますと幸いです。

こんな方にオススメ

・小型・省スペースが要求される基板の設計をされている方
・1005サイズの部品の供給難から0603サイズに設計変更を検討されている方

 

小型・省スペース化および再設計の課題

システムの小型化・省スペース化の要求に答えるべく採用部品の小型化を測る必用が出てくることでしょう。
また1005サイズの部品の供給難から0603サイズに設計変更を余儀なくされている設計の方もいらっしゃるでしょう。

しかしこれらを既存のサブトラクティブ法のフレキシブル基板あるいは版の必用なシルク印刷方式でのFPCで実現するには、初期費用が必要であり気軽に設計を行うにはハードルが高かったこともあったのではないでしょうか?

更に既存の1005サイズ以上の部品を採用した基板の種類がたくさんあり、それらを全て0603サイズへの再設計を行うには基板開発に必用な初期費用が、基板の種類分発生し大きな費用負担が発生しかねまねません。

 

 

解決策と新たな課題

既存の基板がリジッド基板を採用されているのであれば、曲がる、しかも薄くて軽量なフレキシブル基板に0603サイズの小型部品を搭載してメイン基板と接続することにより最終製品のメカニカルデザインがしやすくなり小型化・省スペース化に貢献します。

 

エレファンテックだからできること

この0603サイズの部品実装をともなうデザインをエレファンテックの次世代片面FPC(フレキシブル基板)P-Flexで実現する提案をさせていただきます。

◆イニシヤルコスト不要≒複数の形を素早く試作することが可能
複数の既存の1005サイズの部品を採用した基板の0603化への再設計でも初期費用は発生せず製造費のみで設計が可能です。



※注意※
P-Flexは片面配線のフレキシブル基板ですので、配線をまたぐ必要がある場合はゼロオーム抵抗を使うなどの工夫が必要になります。


1200press-release0423
 

 

P-Flex® について

P-Flex®は、ピュアアディティブ®︎法によって製造される片面フレキシブル基板です。

P-Flex®は、ピュアアディティブ®︎法によって製造される片面フレキシブル基板です。

既存のプリント基板の製造方法であるサブトラクティブ法は、不要な銅箔を取り除く引き算の方法で目的の回路パターンを形成するのに対して独自の製造方法 ピュアアディティブ®法は、純粋に形成したい部分にだけ選択的に物質を積層していく手法です。(*1) 

インクジェットプリンタで印刷するという製法により型が不要のため製造コスト、リードタイムの削減を実現しました。さらに大量に捨てていた銅やそれから生じる有害な廃液なども低減し、SDGs(持続可能な開発目標)に貢献しています。
(*1)特許第6300213号 取得済

P-Flex® 主な製造仕様
基材 透明耐熱 PET フィルム 50 µm厚, 125µm厚
PI(ポリイミド)フィルム 25μm厚
最小パターン幅/間隔(L/S) 200/200μm(200/150μm は追加費用・納期で対応)
最小穴径 0.5 mm
外形-パターン最小間隔 0.3 mm
銅膜厚 3 μm(3µm 以上をご希望の場合は別途ご相談下さい)
最大外形サイズ 180 x 270 mm
配線層 片面のみ
ソルダレジスト塗布 UV インクジェット印刷方式(緑色)(特殊品として防水グレードのレジスト塗布も対応)
開発品として PET 基材についてはシルクスクリーン印刷による透明、白 色、黒色のレジスト塗布も対応
シンボル印刷 UV インクジェット印刷方式(白色)
表面処理 酸化防止処理、無電解 Ni-Au めっき(追加費用・納期で対応)
外形加工/穴加工 レーザーカット対応
部品実装 別途応相談
補強板貼り合わせ コネクタ部の厚み指定が必要な場合、補強フィルムにより 総厚 200µm コネクタ, 300µm コネクタに対応
部品実装部等は厚さ 0.1, 0.3, 0.5, 1.0, 1.6mm の FR-4 板により対応
その他補強板、電磁波シールドフィルム、両面テープ等対応可能
検査 外観検査 + オープンショートテスト
関連記事
フレキシブル基板 P-Flex® 特色ごとに紹介

フレキシブル基板 P-Flex® 特色

エレファンテックの環境への取り組み、P-Flex® 応用製品および使用事例などの紹介
フレキシブル基板の製造方法の違い

フレキシブル基板の製造方法の違い

既成の製造方法とエレファンテックのピュアアディティブ®法との違いについて説明
P-Flex® 製造における 無電解銅めっき について

P-Flex®製造における無電解銅めっきについて

無電解めっきの反応及びエレファンテックの取り組みの説明
製造工程

製造工程

エレファンテックのフレキシブル基板 製造工程を画像付きで紹介
お問合せ

P-Flex PET/PIは0603サイズまでのチップ部品のリフロー実装が可能

会社情報
名称 エレファンテック株式会社
代表 代表取締役 清水信哉
設立 2014年1月
(2017年9月4日にAgIC株式会社からエレファンテック株式会社に商号変更)
資本金 1,281百万円
社員数 26名(2019年11月現在)
所在地 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
URL https://www.elephantech.co.jp/
メールアドレス contact@elephantech.co.jp
電話番号 03-6280-3271(代表) 03-3868-3993(営業)
03-6280-3576(技術) 03-6280-3575(総務)
FAX番号 03-6685-3049
事業内容 プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、サービス提供
営業品目 自動車、製造装置、家電、OA機器、医療機器、モバイル機器、ウェアラブル機器、RFID、食品機械、航空宇宙産業部品
エレファンテックについて