P-Flex PET/PIは0603サイズまでのチップ部品のリフロー実装が可能

P-Flex PET/PIは0603サイズまでのチップ部品のリフロー実装が可能

ご提案内容

本ページでは、エレファンテックの特長を活かしたご提案の一例をご紹介します。ご覧の上、自社製品の開発にご検討いただけますと幸いです。

こんな方にオススメ

・小型・省スペースが要求される基板の設計をされている方
・1005サイズの部品の供給難から0603サイズに設計変更を検討されている方

 

小型・省スペース化および再設計の課題

システムの小型化・省スペース化の要求に答えるべく採用部品の小型化を測る必用が出てくることでしょう。
また1005サイズの部品の供給難から0603サイズに設計変更を余儀なくされている設計の方もいらっしゃるでしょう。

しかしこれらを既存のサブトラクティブ法のフレキシブル基板あるいは版の必用なシルク印刷方式でのFPCで実現するには、初期費用が必要であり気軽に設計を行うにはハードルが高かったこともあったのではないでしょうか?

更に既存の1005サイズ以上の部品を採用した基板の種類がたくさんあり、それらを全て0603サイズへの再設計を行うには基板開発に必用な初期費用が、基板の種類分発生し大きな費用負担が発生しかねまねません。

 

 

解決策と新たな課題

既存の基板がリジッド基板を採用されているのであれば、曲がる、しかも薄くて軽量なフレキシブル基板に0603サイズの小型部品を搭載してメイン基板と接続することにより最終製品のメカニカルデザインがしやすくなり小型化・省スペース化に貢献します。

 

エレファンテックだからできること

この0603サイズの部品実装をともなうデザインをエレファンテックの次世代片面FPC(フレキシブル基板)P-Flexで実現する提案をさせていただきます。

◆イニシヤルコスト不要≒複数の形を素早く試作することが可能
複数の既存の1005サイズの部品を採用した基板の0603化への再設計でも初期費用は発生せず製造費のみで設計が可能です。



※注意※
P-Flexは片面配線のフレキシブル基板ですので、配線をまたぐ必要がある場合はゼロオーム抵抗を使うなどの工夫が必要になります。


1200press-release0423
 
エレファンテックについて

「P-Flexご提案例紹介」記事一覧

お問い合わせ