ESEC2018_ハーネスレス化_参考例

P-Flex™フレキシブル基板に置換える様々なメリット

P-Flex™はイニシャル費用がかからないため、各種コスト削減が可能となっています。
写真は産業システム機器や各種製造機器の例です。今までケーブル+リジッド基板を使用して各種センサーや操作SWを製造していましたが、各現場で各種問題が起きていました。
今までのフレキシブル基板はイニシャル費用が掛かっていたので、検討すら諦めていましたが、イニシャル費用がかからないP-Flex™を知り、早速検討を始めました。P-Flex™に設計変更した場合、下記メリットを感じられ、実際に各種コストダウンの他に歩留まり向上も計られ、全体的に手間とコストが大幅に削減されました。実際展示会ご来場の皆様方から、「気づかされた」「同様な件で困っている」等のご意見を頂いております。

センサー+基板⇒P-Flex™に移行

  • 部品点数低減 25個⇒14個
  • 図面低減 4枚⇒1枚
  • 重量低減 12g⇒1g
  • 部品・製造コスト1/2
  • メンテナンス費用も低減



ご質問やご相談がありましたら下記フォームから送信ください。