ご提案内容

本ページでは、エレファンテックの特長を活かしたご提案の一例をご紹介します。ご覧の上、自社製品の開発にご検討いただけますと幸いです。

こんな方にオススメ

・センサー基板の設計に関わる方
・使用したいセンサーが表面実装のパッケージのみで供給され、測定部位への配置にお困りの方
・センサーICを販売されている商社やメーカーの方

 

 

センサーアプリケーションの課題

センサーは基本的に測定する場所の近くに配置する必要があります。また必ずしもメイン基板上にセンサーの測定対象があるとも限りません。狭い筐体のなかに、マイコンが搭載されているメイン基板と離れた場所にセンサーを配置するケースもあるでしょう。また最終製品の形状も小型化する必要があるでしょう。

更に、せっかく最新機能のセンサーが発売されても表面実装のパッケージでのみ供給されるため、センサーを実装した評価基板の作成に手間取ったり、メイン基板から離れた場所の測定のためセンサーを離れた位置に配置する必要がある場合に、メイン基板との接続に苦慮される事もあるのではないでしょうか?

使用したいと思っていた最新のセンサーICの使用を諦め、接続の容易さの観点から比較的高価なセンサーモジュールを購入しなければならないケースも有るのではないでしょうか?

筐体内でセンサーの使用数量が多くなるとそれに伴ってハーネスの本数が増え、引き回しが困難になることも想定されます。

 

解決策と新たな課題

曲がる、しかも薄くて軽量なフレキシブル基板にセンサーを搭載してメイン基板と接続することにより最終製品のメカニカルデザインがしやすくなるメリットをご提供します。

表面実装センサーICのリフロー実装が可能です。更にアナログ出力のセンサーの直近にオペアンプや計装アンプを実装・配置することによりセンサーとの配線距離を最短にすることが可能になり周囲のノイズの影響を低減することもできます。

しかしこれらを既存のサブトラクティブ法のフレキシブル基板で実現するには初期費用が必要であり気軽に試作を行うにはハードルが高かったこともあったのではないでしょうか?


エレファンテックだからできること

この表面実装センサー基板をエレファンテックの次世代片面FPC(フレキシブル基板)P-Flexで実現する提案をさせていただきます。

◆イニシヤルコスト不要≒複数の形を素早く試作することが可能

上記の解決策の項目に追加して、初期費用のいらないP-Flexで最適な形状にするために複数の形をすばやく試作してデザインをFIXすることが可能です。

P-Flex PETは一般に使用される基材のポリイミドより吸湿が低い特性を持っています。湿度センサー、温度センサーなどを使用する際には基材の影響を受けづらく正確な測定に貢献します。

※注意※
P-Flexは片面配線のフレキシブル基板ですので、配線をまたぐ必要がある場合はゼロオーム抵抗を使うなどの工夫が必要になります。


IMG_0683
 

 

お問合せ

表面実装センサー向けフレキシブル基板(FPC) - アプリケーション例