STATUS : 開発中 | 製造準備中 | 製造可 | 製造中
P-Flex™ でつくる生体電極
P-Flex™ でつくる生体電極

P-Flex™ で作る Ag / AgCl 生体電極は、銅配線であるため電極までの抵抗値が圧倒的に低く、部品実装も可能という利点があり、加えて、弊社のインクジェット技術による製造は下記のメリットがあります。

  • 型は Ag / AgClペースト塗布用のみなので、短期間にリーズナブルな価格で製造可能。
  • 中小ロット生産に向いている。
  • 基材は PET フィルムとポリイミドフィルムから選択することができる。
  • Ag / AgClペーストの材料の比率調整にも対応可能で、イオントフォレーゼ向け試作などにも対応できる。
生体電極層構成図
生体電極層構成図
生体電極とは

生体電極とは

生体電極とは、心電図(ECG)、脳波(EEG)、筋電図(EMG)など生体の電位を検出するものである。また、“心電図や脳波などの導出用電極は一般に洋白や銀電極などが使用されるが,モニタ用としては長時間安定に使用することができ,かつ皮膚と電極との間の分極電圧の低い銀塩化銀(Ag / AgCl)電極の使用が望まれる.”※1

※1 石山 陽事, 生体信号計測用センサに求められる性 能, 医機学 Vol.80,No.1(2010), p.21.

応用
心電図(ECG)、脳波(EEG)、筋電図(EMG)

産業分野
医療機器、マンマシンインターフェース

生体電極 デモ




生体電極 無料サンプル配布いたします。
IMG_1373

IMG_1371

実際に電気化学センサーを確認して頂けるよう、ご発注を予定している企業様にサンプル基板を配布いたします。
どのような用途でのご利用を想定されているか等をご記入の上、お申込みください。

・弊社営業よりご連絡を差しあげる場合もございます。
・配送は日本国内のみです。

生体電極 サンプルお申込みはこちら

生体電極 関連リンク

P-Flex™ について

process-1

既存のプリント基板の製造方法であるサブトラクティブ法は、不要な銅箔を取り除く引き算の方法で目的の回路パターンを形成するのに対して独自の製造方法 ピュアアディティブ®法は、純粋に形成したい部分にだけ選択的に物質を積層していく手法です。(*1) 

インクジェットプリンタで印刷するという製法により型が不要のため製造コスト、リードタイムの削減を実現しました。さらに大量に捨てていた銅やそれから生じる有害な廃液なども低減し、SDGs(持続可能な開発目標)に貢献しています。
(*1)特許第6300213号 取得済

P-Flex™ 主な製造仕様
基材 PI(ポリイミド)フィルム 25μm厚
透明PETフィルム50μm 厚, 125μm厚
最小パターン幅/間隔(L/S) 200/200μm(特注: 200 / 150 μm)
外形-パターン最小間隔 標準精度: 0.5 mm /高精度: 0.3 mm
連続使用温度 -20 ~ +105°C
銅膜厚 3μm(6µmも特殊仕様として対応)
最大外形サイズ 180x270 mm
配線層 片面のみ
ソルダレジスト塗布 UVインクジェット印刷方式(標準色:緑色)
シンボル印刷 UVインクジェット印刷方式(黒色)
表面処理 酸化防止処理
無電解ニッケル金めっき(オプション)
外形加工/穴加工 レーザーカット対応
部品実装 メタルマスク 手載せ リフロー対応
最小実装部品サイズ 1005M(0402), 0.4mm ピッチ IC
補強板貼り合わせ 対応 (コネクタ部厚み合わせ、実装部補強板)
検査 外観検査 + オープンショートテスト
 

お問い合わせ先

ご質問や技術相談は下記フォームからお問い合わせください。

 



会社情報

名称 エレファンテック株式会社
代表 代表取締役 清水信哉
設立 2014年 1月
資本金 4億5839万円(資本準備金を含む)
社員数 23名
所在地 104-0032 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
URL https://www.elephantech.co.jp/