TOP > 製品・サービス > 製品開発情報 > P-Flex® PET で作る生体電極
STATUS : 開発中 | 製造準備中 | 製造可 | 製造中
P-Flex® PET で作る生体電極  -  銀/塩化銀生体電極

生体電位を測定するための電極まで印刷で実現

P-Flex® でつくる生体電極 - 銀/塩化銀生体電極

P-Flex® PETで作る Ag / AgCl 生体電極は、銅配線であるため電極までの抵抗値が圧倒的に低く、部品実装も可能という利点があり、加えて、弊社のインクジェット技術による製造は下記のメリットがあります。

  • 型は Ag / AgClペースト塗布用のみなので、短期間にリーズナブルな価格で製造可能。
  • 中小ロット生産に向いている。
  • 基材は PET フィルムとポリイミドフィルムから選択することができる。
  • Ag / AgClペーストの材料の比率調整にも対応可能で、イオントフォレーゼ向け試作などにも対応できる。
生体電極層構成図
生体電極層構成図
生体電極とは

生体電極とは

生体電極とは、心電図(ECG)、脳波(EEG)、筋電図(EMG)など生体の電位を検出するものである。また、“心電図や脳波などの導出用電極は一般に洋白や銀電極などが使用されるが,モニタ用としては長時間安定に使用することができ,かつ皮膚と電極との間の分極電圧の低い銀塩化銀(Ag / AgCl)電極の使用が望まれる.”※1

※1 石山 陽事, 生体信号計測用センサに求められる性 能, 医機学 Vol.80,No.1(2010), p.21.

生体電極 デモ

今回ご用意したのは、当社のP-Flex®バイオメディカル電極に接続されたセンサーのセットです。
生体電極は、筋電図、心電図、脳波の測定に使用されます。 こちらは銀/塩化銀でコーティングしたものです。

現在はここに接続して、+(プラス)、-(マイナス)、N電極の組み合わせを形成しています。 では、早速、筋電図の測定をしてみましょう。 画面を見ていただくと、動きがなくリラックスした状態であることがわかります。動くと収縮と弛緩の繰り返しがあるのがわかります。

このように、当社のP-Flex®生体電極を使用して、筋電図測定を行うことができます。

応用
心電図(ECG)、脳波(EEG)、筋電図(EMG)

産業分野
医療機器、マンマシンインターフェース

P-Flex® でつくる生体電極 - 銀/塩化銀生体電極
生体電極 無料サンプル配布いたします。
P-Flex® でつくる生体電極 - 銀/塩化銀生体電極


実際に電気化学センサーを確認して頂けるよう、ご発注を予定している企業様にサンプル基板を配布いたします。
どのような用途でのご利用を想定されているか等をご記入の上、お申込みください。

・弊社営業よりご連絡を差しあげる場合もございます。
・配送は日本国内のみです。

生体電極 サンプルお申込みはこちら