to PageTOP

FPC(フレキシブル基板) P-Flex® の特長

省資源化・省エネ化でSDGs(持続可能な開発目標)に貢献

FPC P-Flex® の特長

省資源化・省エネ化でSDGs(持続可能な開発目標)に貢献

TOP > 製品情報一覧 > FPC(フレキシブル基板) P-Flex® の特長

FPC(フレキシブル基板) P-Flex® の特長

フレキシブル基板 P-Flex®
P-Flex® の特長

P-Flex®は、ピュアアディティブ®︎法で製造されるフレキシブル基板です。
ピュアアディティブ®法とは、回路を構成するのに必要な部分にのみインクジェットで金属ナノ粒子を印刷し、高速な無電解銅めっきで金属を成長させ回路を完成させる製造方法です。


フレキシブル基板 P-Flex® とは
フレキシブル基板 P-Flex® について業種別のアプリケーションごとの活用例や特長をご紹介しています。
エレファンテック製法(ピュアアディティブ®️法)とは

「不要な部分を溶かす」プロセスから「必要な部分に印刷する」プロセスへ

基材に銀ナノインクをインクジェット印刷した後、無電解銅めっきにて金属を成長させて回路を形成する工法です。(*1)
金属、廃液や工数の削減により製造コストの低減とリードタイムの短縮を実現いたします。
(*1)特許 第6300213号 取得済
「不要な部分を溶かす」プロセスから「必要な部分に印刷する」プロセスへ

他社製法では銅箔を製造しフィルムとラミネートし(CCL製造)、感光材料をラミネートしたあと、露光、現像、エッチングによって不要な部分の銅箔を溶解・廃棄することで、所望の銅パターンを得るという、非常に長い工程でした。


エレファンテック製法(ピュアアディティブ®法)では、フィルムに金属を印刷し成長させることで所望の銅パターンを得る方法で、銅箔製造プロセス、CCL製造プロセスが丸ごと不要になる上、エッチングで銅箔を溶解・廃棄するプロセスも不要となります。

small640_clear_resist_P-Flex_PET_4534
フレキシブル基板 P-Flex®
フレキシブル基板 P-Flex® について業種別のアプリケーションごとの活用例や特長をご紹介しています。
1200_800_PC_ja_210211
独自の基板製造方法:ピュアアディティブ®法
独自の製造方法 ピュアアディティブ®法は、純粋に形成したい部分にだけ選択的に物質を積層していく手法です。
flex-pcb-manufacturing-methods

フレキシブル基板の製造方法の違い

基材フィルムの回路を形成したいところに、銀ナノインクをインクジェットでパターニングし、次に無電解銅めっきを施してパターンを成長させて完成させます。
無電解銅めっき

P-Flex® 製造における 無電解銅めっき について

エレファンテックのフレキシブル基板 製造における 無電解銅めっき についてご説明します。
FPC(フレキシブル基板) P-Flex® の仕様・特性・独自技術
FPC P-Flex® PI
P-Flex® PI はより耐熱温度の高いポリイミドを基材に使用し、耐熱や難燃性の向上を実現しました。部品の実装に関しても通常のはんだが使えるなど、使用用途が広がっただけでなく実装性も大幅に向上しました。
FPC P-Flex® PET
大量に量産した際のコストが安く、吸湿しにくいので湿度を極端に嫌う用途や高湿度環境下での使用に向いています。また透明レジストを用いると、パターンや部品以外の部分は透明な見た目にすることも可能です。
FPC P-Flex® 試作製造仕様 製造仕様と各種特性
試作時の基本となる仕様であり、量産移行時の製造基準また規定については別途協議の上、詳細な取り決めをすることが可能です。また試作段階でもより細かい規定あるいは特殊な基準を設けることが可能となっております。
品質試験結果
独自の厳しい基準で品質試験を実施し、P-Flex® の高い製品信頼性を目指しています。
フレキシブル基板 P-Flex® を使うメリット
試作も量産もメリットあり!

P-Flex® は、試作・中小ロットでも大量生産でもメリットあり!

試作・中小ロットと大量生産とそれぞれでP-Flex® を使うメリットをお知らせします。
一般的なFPCとの比較

一般的なFPCとの比較

一般的なFPCとエレファンテックのフレキシブル基板(PET/ポリイミド)の比較表です。
吸湿率が低いP-Flex® PETの応用

吸湿率が低いP-Flex® PETの応用

フレキシブル基板 P-Flex® PET基材は、吸湿率が低い(PET 0.1-0.2% vs ポリイミド 2.0-3.0%)

配線層に防水対応ソルダレジストを採用することにより IPX6程度まで対応します。
新しい生産・調達方式「フレキシブルプロダクション方式」

新しい生産・調達方式「フレキシブルプロダクション方式」

量産品でフレキシブル基板(FPC)P-Flex® を採用頂いているお客様から最もご評価頂いているポイントの一つである「型・在庫を持つ必要のない生産」が可能になります。
 
SDGs(持続可能な開発目標)に貢献
省資源化・省エネ化を実現今後ますます地球の資源が枯渇する中で、製造業にとって環境に配慮したものづくりは必要不可欠になってきています。

このピュアアディティブ®法は「必要な部分にのみインクジェットで金属を印刷」するため、既存製法に比べて使用エネルギー・水使用量・廃棄物量それぞれについて環境負荷削減を実現しました。
これは、持続可能な開発目標(SDGs)の「目標6 のうち、6.3 および 6.4」「目標12 のうち、12.2 および 12.5」に貢献しています。

エレファンテックは「新しいものづくりの力で、持続可能な世界を作る」というミッションを掲げ、これからも独自の技術力で環境負荷削減に取り組んでまいります。
環境負荷削減の独自製法で SDGs に貢献

環境負荷削減の独自製法で SDGs に貢献

「不要な部分を溶かす」プロセスから「必要な部分に印刷する」プロセスの取り組みで持続可能な開発目標(SDGs)に貢献しています。
【メディア掲載紹介】NHK WORLD-JAPAN News で放送されました。

【メディア掲載紹介】NHK WORLD-JAPAN News で放送されました。

先日、NHK国際放送局から取材を受けた内容が、NHK WORLD-JAPAN News(英語)で放送されました。
新しいものづくりの力で、持続可能な世界を作る

新しいものづくりの力で、持続可能な世界を作る

フレキシブル基板 P-Flex® は、ピュアアディティブ®法により型代ゼロ、納期短縮、省材料化を実現しました。
内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画  エレファンテックは内閣

内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画

エレファンテックは内閣府が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画しています。
フレキシブル基板P-Flex® 製造における AM のメリット
環境負荷が低い
エレファンテックの基板製造方法(ピュアアディティブ®法)では「必要な部分にのみインクジェットで金属を印刷」するため、既存製法に比べて使用エネルギー・水使用量・廃棄物量それぞれについて環境負荷削減を実現しました。これは、持続可能な開発目標(SDGs)の「目標6 のうち、6.3 および 6.4」「目標12 のうち、12.2 および 12.5」に貢献しています。
デジタルマニュファクチャリングと相性が良い
版がないインクジェットによるものづくりは、データだけ送ればそれで作れ、カスタマイズや多品種少量生産に向いています。この特徴は、ドイツ発の「Industry 4.0」や日本が提唱する「コネクテッド・インダストリーズ」などのデジタルマニュファクチャリングと言われるものづくり手法と大変相性の良いものです。
エレファンテックのフレキシブル基板P-Flex®の銅配線は完全な型レスで、金属ナノインクをインクジェットによりパターニングを行うため、プリンタに送るデータを変更すれば、瞬時に製造ラインのパターンが変更になります。
自由度が高い
削りで作るのとでは作れないような複雑な形状も作れることができる、またそういうところが魅力です。
例えば、小さな段差を乗り越えて銀の配線を描画したいというときは、非接触の印刷方法が望ましいでしょう。非接触の印刷方法の中でも、生産性がよく、パターニングが可能なのはインクジェット印刷法によるAMになります。AMは任意の材料を工程の中の任意のタイミングで塗布するという用途において非常に有用で、製造工程の自由度を確保する助けになることが多いです。
Additive Manufacturing Center

AMとは、インクジェット等の印刷技術を用いて、 形成したい部分に選択的に物質を積層していく製造方法です。

AMCは Additive Manufacturing によるものづくりで世界をリードし Electronics、Healthcare、Textile、Optics、の各分野で AMがメジャーな製造方法になることをめざしています。

IMPC® ソリューションとは

IMPC®(In-Mold Printed Circuit)ソリューションは、主に製造業のお客様を対象に、これまで樹脂と電子回路それぞれ別々に設計・製造され、組み合わせて作られていた部分最適化の構造に対して、部品全体での一体化・最適化を提供する設計・製造ソリューションです。
樹脂と回路を一体化してより広い範囲での最適化設計が行えるため、軽量化、薄型化、コスト削減等の様々なメリットを実現できます。

独自の基板製造方法:ピュアアディティブ®法

プリント基板の製造方法において基材に銀ナノインクをインクジェット印刷した後、無電解銅めっきにて金属を成長させて回路を形成するエレファンテック独自の製造方法です。
エレファンテックでは、デジタル的で造形自由度が高い特長を持つインクジェット印刷による AM の拡大を目指しています。

清水信哉:新しいものづくりの力で、持続可能な世界を作る
エレファンテックについて
お問い合わせ