TOP > 製品情報一覧 > 製品開発情報 > 静電タッチセンサー電極
STATUS : 開発中 | 製造準備中 | 製造可 | 製造中
抵抗値の低い銅配線と透明導電材料 PEDOT:PSS を組み合わせることで透明度の高いタッチセンサーが製造可能
touch-sensor-1-2touch_sensor_v3.0_2850

導入メリット

静電容量式タッチセンサーは、片面フレキシブル基板 P-Flex®PET の透明性を利用した製品で、初期費用が掛からず、自由な形状やデザインで作成可能です。薄さやデザイン性を重視したタッチスイッチなどの用途に適しています。

  • 初期費用が掛からず自由な形状・デザインで作成可能
  • 透明レジストを使用することで配線以外透過が可能
  • LED 等の部品実装も可能なため省スペース化、部品数低減が図れる
  • メイン基板とのコネクタ接続はカスタムフラットケーブルの技術蓄積を活用
  • ガラスやアクリル等をトップ層としてスイッチ形成が可能
  • 柔軟な透明導電材料である PEDOT:PSS を組み合わせることでフレキシブルな光透過タッチセンサーの作成が可能
 

用途
自由なデザインを実現するために、光透過性、フレキシブル性、LED等電子部品実装を必要とするタッチセンサー電極


産業分野

車載機器、デザイン性の高い電化製品、水周りの家電、バイオ・メディカル機器、等


主な仕様
最小パターン幅 / 間隔(L / S) 200 / 200μm
(200 / 150μm は追加費用・納期で対応)
配線層 片面
最大外形サイズ 270 x 180 mm
基材 50μm PET / 125μm PET
ソルダレジスト 透明、緑、白、黒
銅膜厚 3μm 以上(標準) 6.7mΩ / Sq 以下

 

お問合せ