PEDOT透明タッチセンサー

PEDOT透明タッチセンサー

TOP > 製品情報一覧 > 製品開発情報 > PEDOT透明タッチセンサー
抵抗値の低い銅配線と透明導電材料 PEDOT:PSS を組み合わせることで透明度の高いタッチセンサーが製造可能
touch_sensor_v3.0_2850 touch-sensor-1-2-2

導入メリット

PEDOT透明タッチセンサーは、片面フレキシブル基板 P-Flex® PET の透明性を利用した製品で、自由な形状やデザインで作成可能です。薄さやデザイン性を重視したタッチスイッチなどの用途に適しています。

  • フレキシブル性を活かして曲面への貼り付けが可能
  • 透明レジストを使用することで配線以外透過が可能
  • 筐体のデザイン性を損なう事無く組み込みが可能
  • LEDを実装する事でフレキシブルな光透過タッチセンサーの作成が可能
  • 物理スイッチからの置き換えに貢献
  • 非接触型センサーにも対応可能
標準層構成
PEDOT_Layer_structure03_rev1
オプションとして両面テープを貼り付けした場合
PEDOT_Layer_structure02_rev1
              
 

用途

自由なデザインを実現するために、光透過性、フレキシブル性、LED等電子部品実装を必要とするタッチセンサー電極


産業分野

車載機器、デザイン性の高い電化製品、水周りの家電、バイオ・メディカル機器、等


主な仕様
最小パターン幅 / 間隔(L / S)※銅配線部 200 / 200μm
(200 / 150μm は追加費用・納期で対応)
配線層 片面
最大外形サイズ 388 x 226 mm
基材 50μm or 125μm PET
ソルダレジスト 透明

電気的性能(但し回路仕様によって異なる)

・表面抵抗値:200Ω/sq(典型値)


環境性能(但し回路仕様によって異なる)

・高温放置:105℃に250時間放置後、初期抵抗値から±50%以上の変化&外観に異常なし

・低温放置:-40℃に250時間放置後、初期抵抗値から±50%以上の変化&外観に異常なし

・熱衝撃:-65℃ 30分、その後+125℃ 30分を1サイクルとし、100サイクル後でも外観、抵抗値に異常なし
※電気性能・環境性能の数値はあくま参考値となり、保証値ではありません。

エレファンテックについて

「P-Flex 応用製品紹介」記事一覧

お問い合わせ