描画評価

描画評価

材料開発、製品開発・量産までの流れ


材料開発、製品開発・量産までの流れ
  • インク吐出評価
    IJ(インクジェット)ヘッドからうまくインクが吐出できるか確認します。
  • 描画評価
    IJ装置で基材に回路等のパターンが描画できるか確認します。
  • 試作サービス
    ご希望の回路やバイオセンサー等を共同でIJにて試作します。
  • 製造受託
    試作成果をもとに少量から製品の製造を受託します。

描画評価サービス

セイコーエプソン株式会社(以後エプソン)製R&D用インクジェット装置を用い、ご要望のインクジェット用インクをご要望の基材に印刷するサービスです。
こんな方におすすめします。お気軽に下記フォームからご相談ください。
  • インクや基材の相談をしながら印刷物の機能評価まで行いたい
  • 吐出試験サービスで調整が終わったので描画してヘッドの性能を試したい
  • バイオセンサー用途の酵素やタンパク質を均一に塗りたい
  • 伸縮基材や水に溶ける基材に機能性インクを印刷をしてみたい

このようなご相談に対してもフレキシブルに対応します。
  • インクを提供するので、吐出評価サービスと同時に実施したい
  • 描画性能が検証済みの様々な機能性インクをご紹介いただき印刷したい
描画評価サービスに申し込む
描画評価サービス
描画品の「評価・分析サービス」はこちら

描画評価サービスの流れ

ワンストップでインクジェット印刷を行います。お客様のご要望に応じて、印刷仕様のカスタマイズも行います。
さらに、エレファンテックのこれまでの様々な知見に基づいた印刷物の機能評価などのご相談も承ります。
申し込み・初回打合せ
申し込みされたお客様とお打ち合わせをします。
ご要望に応じて、装置の見学も可能です。
印刷仕様の確定
お客様のご要望に応じた印刷仕様を確定させます。
お見積りと納期の提示
弊社より後日お見積りと納期をご提示させていただきます。
印刷・納品
印刷を実施し、納品させていただきます。
ご要望に応じて、印刷レポートの作成や印刷の立ち会いも可能です。
印刷物に関する協議
納品後に、お打合せさせていただきます。
次へのステップもご相談にのります。

メニュー表

  描画評価サービスメニュー表 ※1

内容

弊社インク描画 ご提供インク描画

インク

弊社標準銀インク、他社インク ※2 ご提供インク ※3

基材

弊社標準PET、標準PI 弊社標準PET、標準PI

 

ご提供基材 ご提供基材

データ

弊社標準データ、ご提供データ 弊社標準データ、ご提供データ

標準納期

約7日間 約10日間

吐出オプション

波形調整 波形調整

 

インク量調整 インク量調整

 

拡大サイズ  

工程オプション

乾燥、焼成 乾燥、焼成

 

めっき、熱圧着 めっき、熱圧着

 

両面印刷 ※4 両面印刷 

 

UV硬化(後工程) UV硬化(後工程)

※1)基本の基材サイズは100mm×100mmになります。
※2)他社インクは別途ご相談ください。用途に応じて紹介いたします。
※3)ご提供インクにて印刷するには、吐出評価を実施している必要があります。
※4)両面印刷の位置精度については別途ご相談となります。

価格の一例

※価格は予告なく変更する場合があります(2020.6.18現在)
例)電気回路印刷を3枚実施する場合 (約5~7日間)

印刷費(弊社標準銀インク+ご提供基材) =6万円
工程オプション(焼成+めっき+熱圧着)=2万円
(合計8万円)

例)吐出評価済の導電性インクの印刷を波形調整して3枚実施する場合(約7~10日間)

印刷費(ご提供インク+ご提供基材+波形調整)=16万円
工程オプション(焼成)=0.5万円
(合計16.5万円)
※消費税抜き、送料込みの価格になります。

ご相談ください。

  • 「ユーザーの声」に掲載、または弊社ブログなどへの「事例紹介」に、ご協力頂ける方には無償で対応いたします。
  • アカデミックプランも別途ご用意しております。
  • その他、試作や機能評価などもお受けいたしますので、お気軽にご相談ください。

インクジェット印刷関連記事一覧

【インク吐出評価サービス ブログ : 2】R&D用インクジェット評価装置を動画で紹介
R&D用インクジェット装置
エプソン製のR&D用インクジェット評価装置を動画でご紹介します。 この装置にはインク滴の飛行観察機能と描画機能が搭載され、より専門的な評価として波形調整や電圧調整も実施可能な装置となっています。
【インク吐出評価サービス ブログ : 1】インクジェット特性と評価
インク吐出評価サービス
エレファンテックとしてはエプソンの高性能で実績の豊富なPrecisionCoreヘッドを用い、インクジェット特性を下記の試験項目で評価するサービスを立ち上げました。
【メディア掲載紹介】日刊ケミカルニュース:エレファンテック AMなどにらみインク吐出評価を開始
Announcing Launch of Ink Discharge Evaluation Service
日刊ケミカルニュース(2020年5月20日付)に「エレファンテック AMなどにらみインク吐出評価を開始」という記事という記事で記事で紹介頂きました。
【メディア掲載紹介】fabcross:エレファンテック、エプソン製ヘッドを用いた「インク吐出評価サービス」を開始
2020年5月8日付、fabcrossに エレファンテック、エプソン製ヘッドを用いた「インク吐出評価サービス」を開始 というタイトルで記事が掲載されました。
2020年5月8日付、fabcrossに エレファンテック、エプソン製ヘッドを用いた「インク吐出評価サービス」を開始 というタイトルで記事が掲載されました。
アディティブマニュファクチャリングの拡大と社会実装に向けて:インク吐出評価サービス開始しました
ink discharge evaluation service
開発中インクの吐出性評価やインクジェット用インク適正として専門的な見解が知りたい方に適しているサービスです。是非、お気軽にインク吐出評価サービスにお申し込みください。
【プレスリリース配信】インク吐出評価サービス開始のお知らせ
インク吐出試験
プレスリリース「インク吐出評価サービス開始のお知らせ」を配信しました。『エレファンテックでは、これまで積み重ねたインクジェットに関わる技術を生かし、インクジェットの応用分野拡大に貢献していきます。』

よく頂く質問

インクを提供する場合、どの程度用意すれば良いのでしょうか?

50cc~100ccは必要です。併せて洗浄液もご用意いただけると評価がスムーズです。
尚、ご提供インクについては、初めにR&D用インクジェット装置で吐出できるかどうか評価させて頂きます。   
詳細はインク吐出評価サービスをご参照ください。

使用してみたいインクがあるのですが手元にはありません。用意していただくことは可能でしょうか?

別途費用は必要ですが、一般的に購入できるインクは入手可能です。入手が難しいものでも相談に乗ります
尚、こちらも初めにインク吐出評価サービスの実施が必要となります。

描画できる素材には、どのようなものがありますか?

弊社が採用しているPET、PIの他に、PC、PENなどの一般的なフィルムや光沢紙も用意しております。

描画したい回路があるのですが、どのようなインクや基材が適切か分からないので相談できますか?

まずはお気軽にご相談ください

描画したいがデータの作り方が分からないので、どうすればいいですか?

ご要望に応じて、こちらでデータを作成することも可能ですので、ご相談ください

描画サービスを利用したいのですが、どのように申し込めばよいでしょうか?

どのような内容でも構わないので、まずはお気軽にご相談ください

海外支社向けの資料も出して頂けますか。また、英語で対応してもらえますか?

英語の資料は現在作成中です。また英語での対応も可能です。

描画評価サービス ご相談・お申し込み